1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. ヨークシャー・テリアの特徴・性格・飼い方

ヨークシャー・テリアの特徴・性格・飼い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その名前が表すように、英国出身のヨークシャー・テリア。毎日の入念なお手入れのしがいがある、美しい被毛が最大の特徴です。黒く輝く丸い瞳が愛らしい、ヨークシャー・テリアの特徴や性格、歴史や飼い方、お手入れ方法について、ご紹介します。

ヨークシャー・テリアの特徴・魅力 

愛玩犬の代表的存在、ヨーキー。美しい被毛と黒々とした丸い瞳が宝石のようで、とくに女性から人気が高い小型犬です。被毛にリボンなどのヘアアクセサリーを付けて散歩する人も多く見られ、そのような楽しみ方ができるのも人気の要因でしょう。とてもコンパクトな犬の部類に入りますが、直立したときの姿勢は、その長い被毛とあいまって、堂々とした雰囲気があります。

ヨークシャー・テリアの歴史 

19世紀の中ごろ、イギリスのヨークシャー地方の工業地帯で工員や炭鉱夫の家屋に生息していたネズミを捕えるために活躍した犬種。マンチェスター・テリアやスカイ・テリア、マルチーズなどをかけ合わせた当初は「ブロークン・ヘアード・スコッチ・オア・ヨークシャー・テリア」と命名されましたが、犬種名が長すぎたため定着せず、1870年ごろからヨークシャー・テリアと呼ばれるようになったと言われています。愛称はヨーキー。被毛がゴージャスで美しい小型犬であることから、愛玩犬としておもに富裕層から人気を集めてきました。美しい絹のような毛質から「動く宝石」ともいわれ、世界的にも知名度の高い犬種です。ジュリー・アンドリュース主演のディズニー映画『メリー・ポピンズ』に出てくる犬、アンドリューがヨークシャー・テリアであることは有名です。この映画がきっかけでヨーキーの愛好家になった人も。日本では、皇太子妃雅子様のご実家で飼われていた、ヨークシャー・テリア「ショコラちゃん」が話題を呼んだことでも知られます。

ヨークシャー・テリアの外見上の特徴 

体高※23cm前後。体重3.1kg以下。美しい輝きを放つシルクのような被毛が特徴です。長い毛が左右均等に真っ直ぐ垂れ、分け目は鼻から尾先まで伸びています。美しい被毛から覗く大きな瞳は何とも愛らしく、さらにトリミングでさまざまなヘアスタイルが楽しめるところも人気の理由でしょう。小さいながらも均整のとれた体つきは、威厳と気品に満ち溢れています。毛色は子犬のときはブラック&タンですが、成長とともに変化し、1才までに本来のダーク・スチール・ブルー(青みの強い灰色)に変わります。毛質はシングルコートなので、見た目ほど毛量は多くありません。
※体高:地面から首と背中の境目付近までの高さで、人の身長に相当するもの。

ヨークシャー・テリアの性格 

ヨークシャー・テリアの性格は、用心深いところもありますが、聡明で、活発です。自信に溢れ、独立心が強く、ときに勇敢な面もあります。テリトリー意識が強い一面もあるので、小柄で可愛いからと甘やかしていると、吠えぐせがついてしまうこともあるため、しつけはしっかり行いたいですね。

※写真:まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリの投稿写真より

ヨークシャー・テリアを飼うのに向いている人 

ヨークシャー・テリアの美しい被毛を保つために、毎日まめなブラッシングができる人、定期的にトリミングに行ける人に向くでしょう。体は小さくても、ときに強い面があるので、しつけを根気よくできる人にも向いています。明るい性格を上手に利用して、楽しく散歩やお手入れ、トレーニングを実施したい人には、ピッタリの犬種です。また、小さく女性でもバッグに入れて一緒にお出かけすることもできるので、犬とのお出かけ好きな女性にもオススメできます。

ヨークシャー・テリアの飼い方 

運動は朝夕に外気浴もかねて、可能なら15分程度のお散歩を。ヨークシャー・テリアは小さいながらも活発ですから、お散歩や家の中の遊びで十分に体力を消費しましょう。散歩に行く際は、ノミやダニなどの外部寄生虫がからだに付いてしまう可能性があるので、予防薬でしっかりと対策を取りましょう。ヨークシャー・テリアはシングルコートなので寒さが苦手です。寒い時期にはエアコンなどを上手に使って室温を保つようにしましょう。細く長い被毛は、非常に静電気を発生しやすいので、冬場は暖房器具と併用して加湿器などで湿度調整をするとよいでしょう。また、ベッドの素材等も静電気が発生しにくいものをチョイスします。毎日のブラッシングと、定期的なトリミングは忘れずに。

ヨークシャー・テリアのハウス・ゲージなど住む場所・飼育環境 

ヨークシャー・テリアは好奇心旺盛で活発なので、入ってほしくない場所には仕切りなどを設置して万が一の事故を予防しましょう。とくに留守番させるときは、必ずサークル等に入れて思わぬ事故を防いで。また噛んで命に関わる電気のコード類や噛み傷をつけられたくない家具などには、噛み防止用の塗布剤を塗っておくことが有効です。膝蓋骨脱臼の多発犬種ですので、飼育する際は必ず滑りにくい床を選択しましょう。フローリングの場合は滑り止め効果の高いワックスを塗ることなどをオススメします。高いところからの飛び降りによる骨折にも気をつけましょう。また、外を通る人や犬に吠えて興奮してします場合は、外の様子が見えなくなるような工夫を施すことで、無駄吠えを減らすことができます。

※写真:まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリの投稿写真より

ヨークシャー・テリアの食事 

主食には、フードと水のみで栄養のバランスがとれるように作られている、総合栄養食を与えましょう。一般食は、栄養バランスよりも嗜好性を重視する傾向にあるため、主食には不向きです。フードのパッケージに「総合栄養食」と記載されているものの中から、ご自身の犬に合ったフードを選択します。犬はライフステージごとに必要とされる栄養の質と量が微妙に異なります。「子犬用」「成犬用」「シニア犬用」「体重管理用」など、年齢と目的に応じたフードを与えましょう。手作りフードは与えている物を飼主さんが把握できる安心感があり、愛犬のことを思いながら調理する楽しさもあります。しかし栄養バランスを保つのが簡単ではないため必要ならばサプリメント等で補いながら実施することをオススメします。

ヨークシャー・テリアのお手入れ 

美しい被毛を保つため、ふだんのブラッシングは丁寧に行いましょう。ピンブラシとコームを使って毎日ブラッシングするのが理想です。ブラッシングの際は、摩擦による静電気や被毛の損傷を防止するために、ブラッシングスプレーで水分を噴霧すると良いでしょう。ところどころ被毛を結んでいる場合は、必ず毛先の方から毛が切れないように、抜けないように優しく解くようにしましょう。

ヨークシャー・テリアが気をつけたい病気・寿命 

・膝のお皿の骨が正常な位置から外れてしまう「膝蓋骨脱臼」
・心臓の筋肉が弱くなり心機能が低下することで、全身に血液を送り出せなくなる「拡張型心筋症」
・心臓の左心房と左心室の間にある僧帽弁がしっかりと閉まらなくなってしまう「心臓疾患(僧帽弁閉鎖不全)」
・肺への空気の出し入れを行う気管が途中でつぶれてしまい呼吸ができなくなってしまう「気管虚脱」
・尿路である腎臓、尿管、膀胱、尿道のどこかに結石ができ、炎症を起こしたり排尿が困難になったりしてしまう「尿石症」

飼いやすさの目安 ※5段階評価
お散歩が楽 4
初心者向き 4
友好的   3
お手入れのしやすさ 2
訓練のしやすさ 4

監修
ヤマザキ学園大学 講師 福山貴昭先生(危機管理学修士)

犬と暮らす

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る