1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. シー・ズーの特徴・性格・飼い方

シー・ズーの特徴・性格・飼い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大きな黒い瞳と低い鼻があどけない印象を与えるシー・ズー。中国宮廷で長年愛され続けてきた歴史から、人なつっこく穏やかな性格のため、初心者でも飼いやすい犬種です。そんなシー・ズーの特徴や性格、歴史や飼い方について、ご紹介します。

シー・ズーの特徴・魅力

もともと中国宮廷で長年かわいがられていたためが、マイペースでどことなく高貴な雰囲気を持っています。子犬のときは鼻を中心に放射状に被毛が伸びるため「菊の花のような顔」と形容されることもあります。チャームポイントは大きい目と豊かな被毛。飼い主さんとのスキンシップが大好きなコが多く、モコモコと柔らかい感触で癒してくれます。

※写真:まいにちいぬ・ねこのきもちアプリの投稿写真より

シー・ズーの歴史

1600年ころ、中国の王室で数百年にわたり飼育されていたペキニーズと、チベットの寺院で僧侶や貴族などに魔除けの犬として愛されていたラサ・アプソとの交配により誕生しました。その美しく魅力的な容姿が評判となり中国宮廷に献上され、ときの権力者にとても愛されたほど。それから実に300年以上たった1930年代にイギリスにわたり、ヨーロッパ中に広まっていきました。長い頭部の被毛がライオンに似ていたため、犬種名は中国語で「ライオンのような犬」を意味する獅子犬(シーズークゥ)からきています。日本では昭和30年に紹介されて以来、人気の犬種となっています。

※写真:まいにちいぬ・ねこのきもちアプリの投稿写真より

シー・ズーの外見上の特徴

体高※ 26.7㎝以下。体長※は体高よりも長いボディーバランスです。体重 4.5~8.1㎏。全身は美しい豊かな毛で覆われています。チベット原産のラサ・アプソを先祖に持つため、長く伸びる被毛を持ち、毛質は基本的にはストレート。わずかにウェーブしていることもあります。豊富な被毛のダブルコートなので、ボリューム感たっぷり。耳は垂れていて地面に届くほど被毛が伸びます。特徴であるしっぽはお尻の高い位置からはえ、歩いているときも高く背中の上に保持します。小型犬ですが意外にも骨太で体の幅があるので大きく見えることも。毛色は、ブラック、ダーク・ブラウン、ゴールド、ホワイト、レバー&ホワイト、プリンドル、ライト・ブラウン、ブルーなどさまざま種類があります。ドッグショウなどに参加するイヌは長く美しい被毛をキープするため被毛を紙で包み込む「ラッピング」をします。体全体の毛を部分部分で束ねた姿は斬新です。

※体高:地面から首と背中の境目付近までの高さで、人の身長に相当するもの。
※体長:前胸の出っ張り部分から、お尻の出っ張り部分までの長さ。

※写真:まいにちいぬ・ねこのきもちアプリの投稿写真より

シー・ズーの性格

中国宮廷で長い間大切に育てられたからか、マイペースで穏やかな性格の犬が多い傾向にあります。常に人の輪の中心にいたがる「かまってちゃん」で甘えん坊なかわいらしい一面も。警戒吠えやムダ吠えも少なくおとなしく見えますが、見知らぬ人や気に入らない人には立ち向かっていく勇敢さもあります。とても賢く、しっかりしつければさまざまことができるようになります。ただ、しつけができていないと、飼い主を甘く見て吠えたり噛んだりしたら何とかなる、と学習してしまうこともあります。

※写真:まいにちいぬ・ねこのきもちアプリの投稿写真より

シー・ズーを飼うのに向いている人

家の中を中心にゆったりとした犬との生活をおくりたい人に向いている犬種です。柔軟性が高く抱っこされることが非常にうまく、ひざに乗せてTVを楽しんだりする「抱犬」として最高です。家では食器や水飲みに、お散歩では草むらなどに顔面を突っ込む生活をおくる犬種ですので、マメに顔周りを中心としたケアをできる人に。また、長い被毛にはオシッコがたっぷり付着するため、やはりマメなケアができることが飼育者条件になります。

※写真:まいにちいぬ・ねこのきもちアプリの投稿写真より

シー・ズーの飼い方

ちやほやされることが大好きなシー・ズー。抱っこやナデナデなどの要求が激しく、吠えたり噛んだりしてその要求を通そうとすることがあります。かわいい顔でおねだりされるとつい甘やかしてしまいがちですが、イイコに育てるには子犬時代からケジメを持って犬と接する必要があります。鼻の短い短頭犬種ですので体温調整が苦手です。特に豊富な被毛があることもプラスし、夏場の暑さには弱いです。冷房を完備し、必要であればからだの熱を効率的に奪ってくれる冷え冷え系のボードなども設置します。また、毛の伸びる短頭犬種の宿命で、被毛で眼球を刺激することで涙が多く流出してしまうことがあります。毎日良く眼の様子を見ながら涙をマメに拭くようにします。お散歩は朝夕の2回。気分転換、外気浴、お友達の犬と会うなど、暑さに気をつけながら実施すると犬にも飼主にも良い刺激となります。豊富な被毛の中にノミやダニがつくと厄介です。しっかりと予防をしてお散歩に出ることを心がけましょう。被毛を汚さないための洋服の着用もオススメです。

※写真:まいにちいぬ・ねこのきもちアプリの投稿写真より

シー・ズーのハウス・ケージなど住む場所・飼育環境

好奇心旺盛なので、入ってほしくない場所には、仕切りなどを設置して事故を予防しましょう。とくに留守番させるときは、必ずサークル等に入れて思わぬ事故を防ぐようにします。また噛んで命に関わる電気のコード類や噛み傷をつけられたくない家具などには、噛み防止用の塗布剤を塗っておくことが有効です。また、顔に凹凸がないので遊んでいる際に家具等に眼をぶつけてしまう事故が多くあります。硬く角ばった家具などには、周りに物を置くか、直接クッション性のあるものを取り付けるなどして予防しましょう。膝にトラブルを持っているイヌが多く、滑りやすい床の上での生活でさらに悪化してしまう可能性があります。飼育する際は、必ず滑りにくい床を選択しましょう。

※写真:まいにちいぬ・ねこのきもちアプリの投稿写真より

シー・ズーの食事

主食には、フードと水のみで栄養のバランスがとれるように作られている、総合栄養食を与えましょう。一般食は、栄養バランスよりも食いつきを重視しているため、主食には不向きです。フードのパッケージの裏に総合栄養食と記載されているものを選んで。犬は、成長や年齢ごとに必要とされる各栄養素の量が異なります。「子犬用」「成犬用」「シニア犬用」「体重管理用」など、年齢と目的に応じたフードを与えましょう。手作りフードは与えている物を飼主さんが把握できる安心感があり、愛犬のことを思いながら調理する楽しさもあります。しかし栄養バランスを保つのが簡単ではないためサプリメント等で補いながら実施することをオススメします。

※写真:まいにちいぬ・ねこのきもちアプリの投稿写真より

シー・ズーのお手入れ・トリミング

被毛は密度があり絡まりやすいため、毎日のブラッシングを欠かさずに行いましょう。特に夏場は被毛によって皮膚が蒸れがちになります。ブラッシングによって全身の通気性を良くしましょう。食事や飲水、トイレ、お散歩のあとは、付着物をしっかりと除去して清潔を保ちましょう。あまりにも、お手入れが大変な場合はペットサロンでお手入れしやすい短めのカットスタイルにしてもらうことをオススメします。

※写真:まいにちいぬ・ねこのきもちアプリの投稿写真より

シー・ズーが気をつけたい病気・寿命

・ まぶたの内側の粘膜に炎症が起こる「結膜炎」
・肺への空気の出し入れを行う気管が途中でつぶれてしまい呼吸ができなくなってしまう「気管虚脱」
・鼻の中の粘膜が炎症で腫れて鼻の穴が狭くなる「鼻腔狭窄(びくうきょうさく)」
・細菌やカビが原因で、外耳道に炎症が起こる「外耳炎」
・眼圧(眼球の内部の圧力)が高くなることで視野が狭くなる「緑内障」
・気温の上昇により体温が上昇し、呼吸が浅く速くなったり、口からヨダレを垂らしたり、泡を吹くなどの症状が見られ、時には死に至ることもある「熱中症」

飼いやすさの目安 ※5段階評価
お散歩が楽 5
初心者向き 5
友好的 4
お手入れのしやすさ 3
訓練のしやすさ 4

監修
ヤマザキ学園大学 講師 福山貴昭先生(危機管理学修士)

犬と暮らす

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る