1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの特徴・性格・飼い方

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの特徴・性格・飼い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

短い足でスタスタと好奇心のおもむくままに動く、ウェルシュ・コーギー・ペンブローク。その愛くるしく優雅な姿は、イギリス王室に愛されてきたといわれています。古くは牧羊犬としても活躍していました。そんな、ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの特徴や性格、歴史や飼い方について、ご紹介します。

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの特徴・魅力

活発で動くものへの反応性が鋭い犬種です。明るく社交的で遊ぶことが大好き。いつもなにかゲームや冒険を見つけようとしている、そんなイメージがあります。落ち着いた犬は家の中でも問題なく家族の一員となります。頭が良い犬種ですが、吠えたり、追いかけたりと牧羊犬時代の名残が出やすいので「マテ」や「オイデ」などの基本的指示を聞くように育てましょう。

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの歴史

イギリスにあるウェルシュのペンブロークシャー地方で牧羊犬として活躍していました。1107年にはすでにこの犬種の原型となる犬が牛を追う仕事をしていたという記録が残っています。しかし、それ以前の歴史については、フランドル地方(昔のフランスやベルギーにあたる地帯)の職工がウェールズに持ち込んだとも、スウェーデンの犬がこの地方に生き残ったともいわれ、諸説あります。ヘンリー2世やエリザベス女王など、イギリスの王族の手に渡り、代々愛されてきた歴史を持っています。

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの外見上の特徴

体高※25~30cm。体重9~12kg。まっすぐに寸胴に近い胴長短足の容姿が印象的。この肢の短さは牧羊犬として牛などを追うときに、蹴られないためになった体型といわれています。尻尾のない大きく丸みを帯びたお尻は、歩くたびに軽く左右に振れて特徴的です。ヨーロッパを中心に尾を人が切断する「断尾」が禁止されたことにより、日本においても今後は尻尾のあるタイプが主流になっていくと思われます。先端がやや丸い耳は良く動き、平らな頭、丸い眼と共に、この犬種の表情を特徴付けています。毛色は、レッド、セーブル、フォーン、ブラック&タンの単色で、足、前胸、あご、頭部、首に白斑が入ることもあります。肢は短いですが、動きはスムーズでぎこちなさはありません。

※体高:地面から首と背中の境目付近までの高さで、人の身長に相当するもの。

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの性格

性格は物怖じせず、堂々とした犬が多いです。社交性があり、友好的な性格なので、迎え入れればゆかいな家族の一員になれるでしょう。ただし、牧羊犬として活躍していた時代の特性である、動くものをつい追ってしまう、テリトリー侵入者に対し吠えたり噛みついたりするなど、気をつけなければいけない性質を備えているイヌもいます。若年期頃より、問題となる資質が見え始めた場合には、解決手段として去勢することも考慮に入れて対応します。

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークを飼うのに向いている人

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークは快活で、好奇心旺盛で遊び好きです。お散歩などの運動時間がきちんと確保できて、積極的にいっしょに遊べる、アクティブな人に向いているでしょう。とにかくスタミナ旺盛な犬なので、いろいろな場所に出かけたり、広場でボール投げなどして楽しくパワーを発散させてあげましょう。頑固な一面もありますので、必要なときはイヌにしっかりと毅然とした態度を取れる人に向いています。

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの飼い方

全ての犬種に共通することですが、イヌを子犬のうちからしつけに慣らしておくは、イヌや人間社会にとって非常に有益です。特にウェルシュ・コーギー・ペンブロークのように牧羊犬として活躍するために運動神経、スタミナ、高い反応性を備えたイヌは、悪い方へその能力が活用されたときは、非常に問題が深刻になります。力が弱く、反応も早くない子犬のうちから「マテ・スワレ・フセ」の他に、爪切り、ブラッシング、歯磨き等に慣らしましょう。また、吠えることは簡単に学習してしまいますが、直すのは非常に大変です。癖がつく前から吠える必要がないことを学習させましょう。散歩は1日2回、1回30分程度。自由に走り回ることが好きなので、ドッグランなどを活用することもオススメ。
胴長短足で豊富な毛を備えていることに加え、地面の照り返し熱の影響を受けるので、夏など暑い時期の散歩は、十分に地面の温度が下がってから実施しましょう。暑さには弱い犬種です。

※写真:まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリの投稿写真より

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークのハウス・ゲージなど住む場所・飼育環境

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークは、家具の破壊トラブルが多い犬種です。しっかりしつけが済むまでは、ヒトがそばにいない、留守をする時などはサークルに入れるなどしてトラブルを予防します。また噛むと命にかかわる電気のコード類や噛み傷をつけられたくない家具などには、噛み防止用の塗布剤を塗っておくことも有効です。イヌの生活中環境に常に噛んで良いオモチャなどを置いておくことも大切です。滑りやすい床の上で滑りながら動きまわったり、重心を安定させることは健全なイヌの発育に悪影響を与える心配があります。飼育する際は、必ず滑りにくい床を選択しましょう。活発な犬種のため良く動き、そのため水も良く飲みます。新鮮な水を常に飲めるようにしておきましょう。

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの食事

主食には、フードと水のみで栄養のバランスがとれるように作られている、総合栄養食を与えましょう。一般食は、栄養バランスよりも食いつきを重視しているため、主食には不向きです。フードのパッケージの裏に総合栄養食と記載されているものを選んで。犬は、成長や年齢ごとに必要とされる各栄養素の量が異なります。「子犬用」「成犬用」「シニア犬用」「体重管理用」など、年齢と目的に応じたフードを与えましょう。手作りフードは与えている物を飼主さんが把握できる安心感があり、愛犬のことを思いながら調理する楽しさもあります。しかし栄養バランスを保つのが簡単ではないため必要ならばサプリメント等で補いながら実施することをオススメします。

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークのお手入れ

抜け毛が多い犬種ですので、ブラッシングは毎日実施します。使用するブラシは毛を抜くためのスリッカー・ブラシ(特に換毛期)の他に、獣毛ブラシがオススメです。ブラッシング中に静電気が発生するようであれば、スプレーで軽く水分をイヌに噴霧してから実施すると静電気を予防できます。お散歩後は、お腹の下の汚れをよくチェックして清潔を保つようにしましょう。

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの病気・寿命

・椎間板の変形や破裂で脊髄神経が圧迫されて歩けなくなる「椎間板ヘルニア」
・股関節の形が先天的に異常な形になっている「股関節形成不全」
・痛みを伴わず、ゆっくりと麻痺が進行する脊髄の病気「変性性脊髄症」
・運動不足で陥りやすい「肥満」
・目の水晶体が白くにごって視力が低下する「白内障」
・水晶体を固定している靱帯が切れ、正常な位置からずれてしまう「水晶体脱臼」

飼いやすさの目安 ※5段階評価
お散歩が楽 3
初心者向き 3
友好的   2
お手入れのしやすさ 3
訓練のしやすさ 2

監修
ヤマザキ学園大学 講師 福山貴昭先生(危機管理学修士)

犬と暮らす

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る