1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. ゴールデン・レトリーバーの特徴・性格・飼い方

ゴールデン・レトリーバーの特徴・性格・飼い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

流れるような金色の毛並みに、やさしい瞳が印象的。愛情深くて人なつっこいことから、世界的に人気の犬種です。同じ犬種でも色々なタイプが存在するゴールデン・レトリーバーの特徴や性格、歴史や飼い方について、ご紹介します。

ゴールデン・レトリーバーの特徴・魅力 

温和で愛情深い性格から、世界中で人気を誇るゴールデン・レトリーバー。飼い主さんの気持ちに共感し、家族の一員として愛されることを望む犬種なので、しっかりコミュニケーションをとってあげることで、生涯、「最高の伴侶」として寄り添ってくれる存在になるでしょう。

ゴールデン・レトリーバーの歴史 

ゴールデン・レトリーバーの先祖は、スコットランドの愛犬家が飼っていたウェーブかかった毛並みのレトリーバー犬種から生まれた1頭の黄色い毛並みの「ヌー」という犬だといわれています。その後、セッター系の犬種や、泳ぎが得意なスパニエル系の犬種などと交配され、猟で撃ち落とされた鳥をくわえて運ぶ、賢い鳥猟犬となりました。1913年以降イエロー・レトリーバーまたはゴールデン・レトリーバーと呼ばれていましたが、1920年ゴールデン・レトリーバーの名称に統一されました。

ゴールデン・レトリーバーの外見上の特徴

体高※オス56~61cm、メス51~56㎝。体重オス約29~34kg、メス約25~29㎏。イギリス・ショウタイプと称されるクリーム色の被毛を持った頭頂部が丸く、耳が低めについた優しい家庭犬の魅力を主体とするタイプと、もう少し実猟犬の魅力が混じった幅広の頭頂部に目と同じ高さに耳がつく日本で多く見られるタイプの2つが存在します。どちらのタイプも耐水性のある豊富な下毛が全身を覆い、首やお尻、尻尾には特徴的な飾り毛がフサフサと存在します。実猟で使用される引き締まった体つきに比べ、家庭犬として繁殖されるゴールデン・レトリーバーはやや骨太で中背中肉のイメージがあります。顔中・体中の力を抜いて甘える姿は家庭犬ゴールデンの大きな魅力です。犬種名の由来にもなった金色がかった被毛は、赤茶っぽい毛色、薄いクリーム色のような白っぽい色など、様々な毛色のバリエーションが存在します。

※体高:地面から首と背中の境目付近までの高さで、人の身長に相当するもの。

ゴールデン・レトリーバーの性格 

感受性が豊かで場の空気を読むのが得意といわれるゴールデン・レトリーバー。自分よりも幼い犬や、小さな体格の犬でも遊ぶときは相手に合わせてやさしく接することができます。家庭愛玩犬としては理想的な犬種のひとつです。また、トイレの躾のしやすさで上位に入ることに代表されるように、学ぶことも大好きで、従順な気質と共に高い学習能力をもっています。盲導犬や介護犬、麻薬探知犬などさまざまな分野で活躍できる理由です。

ゴールデン・レトリーバーを飼うのに向いている人 

ゴールデン・レトリーバーは体が大きく、かなり活動的なので、散歩などの運動時間がきちんと確保できる人に向きます。押し倒されたり、引っ張られて転倒させられることもあるので、大型犬を制御できる、ある程度体力に自信がある人に向いているでしょう。甘えん坊な性格の犬が多く、1匹での生活があまり得意な犬種ではありません。家庭に生活の軸を置ける人との生活は犬も安心でき、喜ぶでしょう。キャンプや川での遊びなどアウトドアレジャーを一緒に楽しみたい方には最適です。

ゴールデン・レトリーバーの飼い方 

「レトリーバー」とは“獲物を回収する”という意味をもちます。この名称は長年、水上に撃ち落とされた水鳥の回収で活躍していたことでつけられたもので、ゴールデン・レトリーバーには生まれながらに「物を探して人に持ってくる」作業能力が備わっています。この作業能力は、作業欲求として犬に備わっていることが多いため、ボールを投げて探して持ってこさせるモッテコイ遊びや、タオルなどにボールやおもちゃを隠して探させるような、頭を使う遊びを生活中に取り入れることで犬の欲求を満たすことができます。日常のなかでも「新聞持ってきて」などの役割を教えてあげると「人の喜びを喜べる」気持ちの強い犬種なので、イキイキと応えてくれるでしょう。

ゴールデン・レトリーバーのハウス・ゲージなど住む場所・飼育環境 

飼育している環境の中で入ってほしくない場所には、頑丈な仕切りなどを設置して侵入を防ぎ事故を予防しましょう。また電気のコード類や噛み傷をつけられたくない家具などには、噛み防止用の塗布剤を塗っておくことが有効です。大型犬のため加齢に伴い筋肉量が落ちると、滑りやすい床の上で重心を安定させることが困難になったり、足首などの関節等に負担をかけることになります。飼育する際は、必ず滑りにくい床を選択しましょう。また大きな段差のない環境も理想的です。犬が寝る場所にはクッション性の高い敷物を敷くなどして、肘や関節部の床ずれやタコを予防しましょう。熱のこもった体温を発散させにくい被毛の構造をしているため、熱中症など夏の健康管理には注意が必要です。夏場の室内は、犬がハアハアしない程度の低い温度設定をし、湿度にも気をつけて涼しく過ごさせるようにしましょう。

ゴールデン・レトリーバーの食事 

主食には、フードと水のみで栄養のバランスがとれるように作られている、総合栄養食を与えましょう。一般食は、栄養バランスよりも食いつきを重視しているため、主食には不向きです。フードのパッケージの裏に総合栄養食と記載されているものを選んで。犬は、成長や年齢ごとに必要とされる各栄養素の量が異なります。「子犬用」「成犬用」「シニア犬用」「大型犬用」など、年齢と目的に応じたフードを与えましょう。手作りフードは与えている物を飼主さんが把握できる安心感があり、愛犬のことを思いながら調理する楽しさもあります。しかし栄養バランスを保つのが簡単ではないため必要ならばサプリメント等で補いながら実施することをオススメします。

ゴールデン・レトリーバーのお手入れ・トリミング 

被毛は耐水性と防寒性を備えた豊富な下毛と、ストレートもしくは波状の上毛の二重の層になっています。春から夏にかけての換毛期は、夏の暑さに対応するため下毛がたくさん抜けます。毎日ブラッシングで人為的に除去しないと、軽い毛は空中を漂い家の中は毛だらけになります。トリミングは必要がなくナチュラルさを魅力とする犬種ですが、自然な仕上がりを意識したトリミングで、さらなる犬の魅力を引き出すこともできます。冬場も獣毛ブラシを使用し、毎日ブラッシングすることで1年を通して犬の美し良い姿をキープすることができます。

ゴールデン・レトリーバーが気をつけたい病気 

・胃がねじれを起こしてガスや液体がたまる命に関わる病気「胃捻転」
・被毛の量が多く暑さに弱いことから気をつけたい「熱中症」
・股関節の発育や形成に異常が見られ、お尻を振りながら歩く「股関節形成不全」
・皮膚や内臓など、体のあらゆる部分に悪性のしこりができ、命の危険もある「悪性腫瘍」

飼いやすさの目安 ※5段階評価
お散歩が楽 2
初心者向き 4
友好的   5
お手入れのしやすさ 2
訓練のしやすさ 4

監修
ヤマザキ学園大学 講師 福山貴昭先生(危機管理学修士)

犬と暮らす

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る