1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 飼い方
  4. 食事・ドッグフード
  5. 専門家監修|ドッグフードの選び方や与え方は? ポイント・注意点を解説

犬と暮らす

UP DATE

専門家監修|ドッグフードの選び方や与え方は? ポイント・注意点を解説

犬の飼い始め、愛犬のライフステージの変化など、ドッグフードにまつわる悩みはさまざまですよね。今回はドッグフードの選び方・与え方について、専門家監修のもと解説します。

岡田 ゆう紀 先生

 Yuki Okada, DVM, PhD, DACVIM, Board Certified Veterinary Nutritionist®
 アメリカ獣医内科学専門医(栄養科)
 Seven Hills Veterinary Hospital(SF, California)経営パートナー
 Veterinary Nutrition Specialty Service(San Rafael, California)代表

●経歴:
カリフォルニア大学バークレー校、ミシガン州立大学獣医学校卒。’05年より加州で一般臨床経験後、’14年より日本獣医生命大学 獣医教育推進室の助教に。’17年同大学にて博士号取得。
現在、サンフランシスコの一次診療病院の経営パートナーの傍ら、アメリカ獣医内科専門医(栄養科)として臨床栄養診療・コンサルティングサービスを提供している。
2022年米国獣医栄養専門学会の口頭研究発表で受賞。「北アメリカヒルズセミナー」「ロイヤルカナンジャポンベテリナリーシンポジウム」等、栄養管理のテーマでのセミナー登壇実績や、学会での講演も多数。

●著書:
“Nutrition for the Hospitalized Patient and the Importance of Nutritional Assessment in Critical Care” in Advances In Small Animal Care(Elsevier) ほか
続きを読む

ドッグフードの選び方で押さえておくべき5つのポイント

散歩中のポメラニアン
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

(1)犬・猫の健康を守る「ペットフード安全法」がある

ドッグフードは「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律(ペットフード安全法)」という法律のもと、その安全性が確保されています。
「ペットフード安全法」は、犬や猫の健康を守ることで動物愛護に寄与することを目的とした法律。犬・猫に有害な物質を含むペットフード等の製造、輸入または販売を禁止しています。詳しくは以下の記事を参考にしてください。

(2)パッケージやラベル表示の見方を正しく理解する

ドッグフードのパッケージやラベルにはさまざまな情報が記載されていますので、愛犬に合ったドッグフードを選ぶ際には、その情報の正しい見方を知っておく必要があります。
以下の記事では、ドッグフードのパッケージやラベルの見方について詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

(3)ドッグフードには種類・目的がある

ドッグフードのパッケージやラベルには、「総合栄養食」「間食」「療法食」「その他の目的食」など、いずれかの目的が必ず記載されています。
犬の主食には「総合栄養食」が推奨されていますので、愛犬の健康状態などに合わせて選んであげましょう。
ドッグフードの種類・目的について詳しく知りたいかたは、以下の記事もチェックしてみてください。

アレルギーに配慮したドッグフードは?

犬の食物アレルギーは、たんぱく質がアレルゲンになっていることが多く、アレルギーが出た場合、療法食による食事管理が基本。
食物アレルギー用の療法食は大きく分けて2つのタイプがあります。1つは、アレルゲンと考えられる食材を使用していないもの。もう1つは、免疫細胞にアレルゲンとして認識されにくい加水分解たんぱくや、アミノ酸を使用したものです。
食材や成分で見ていくと、さらに多くの種類があるため、獣医師のアドバイスに従って選ぶようにしてくださいね。

(4)愛犬の年齢・体型・犬種に合ったものを選ぶ

成長期の子犬と成長が落ち着いた成犬とでは、体重あたりの必要なエネルギー量や栄養バランスが異なります。また、やせ気味や肥満気味など犬の体型などによっても異なるため、ドッグフードを選ぶときは愛犬の年齢や体型に合ったものを選ぶことが大切です。場合によっては、特定の犬種の体格や被毛の特徴、かかりやすい病気などに配慮して栄養素が配合された「犬種別ドッグフード」などを選ぶのもひとつの手でしょう。

柴犬におすすめのドッグフードは?

柴犬のフードを選ぶときは、柴犬に比較的多いといわれている病気を意識しておくといいでしょう。たとえばアレルギー性皮膚炎や、10才以上のシニア犬で発症が増えるといわれる認知症などです。
まずは、質のよいドッグフードを選ぶことが大切。特にアレルギー性皮膚炎の犬にとっては、個々特有のアレルゲン(食物に含まれるたんぱく質)を含むドッグフードは避けたいところです。ただし、アレルギー性皮膚炎がすべて食物アレルギーによるものとは限りませんので、原因の特定や治療・食事については獣医師と相談しましょう。
また、認知症の進行を遅らせる効果が期待できるといわれる、EPA・DHA・MCT・抗酸化作用のあるビタミンなどが含まれるフードもおすすめです。

トイ・プードルにおすすめのドッグフードは?

トイ・プードルは被毛などのトラブルを起こしやすい傾向にあります。そのため、皮膚と被毛の健康を維持するために良質なたんぱく質・脂質を使用した、トイ・プードル用のフードを選んでみてもいいでしょう。小型犬でも食べやすい、粒の大きさが小さめに作られたものもおすすめです。
また、トイ・プードルは消化器疾患も多い犬種といわれています。愛犬の胃腸が弱い・食欲がないなどの症状が気になる場合は、獣医師に相談してください。

ミニチュア・シュナウザーにおすすめのドッグフードは?

ミニチュア・シュナウザーは、遺伝的な素因から高脂血症や尿路結石症などに注意が必要な犬種といわれています。
日ごろから、栄養バランスの良い食事・十分な飲水量の確保・適度な運動を習慣にし、肥満にならないように心がけましょう。フードは必ず犬用の総合栄養食を選び、脂肪分の高い人の食べ物を与えることは避けてください。
また、獣医師と相談のうえ、低脂肪・高繊維なフードや泌尿器系の疾患に配慮したフードを選ぶのも一案です。

(5)愛犬の体質・健康状態を把握する

いくら良質なドッグフードであっても、愛犬の体質に合わないものを与えてしまっていては、体調不良やアレルギー反応などのトラブルを起こしかねません。定期的に動物病院で健康チェックを受けるなどして愛犬の体質を正しく理解し、それに合ったドッグフードを選ぶようにしてください。

「無添加は安心」って本当?ドッグフードを選ぶときの注意点

ミックス犬
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

「無添加」だから安心とは限らない

先述のとおり、日本には「ペットフード安全法」があるため、犬の健康を害するような添加物がドッグフードに使用されることはありません。そのため、“ドッグフードは無添加のほうが安心”といったように、日本に流通しているドッグフードの安全性について極端に心配する必要はないでしょう。
ドッグフードに使用される主な原材料(添加物含む)の種類については、以下の記事で詳しく解説しているのであわせて参考にしてみてください。

「原材料」表示にはルールがある

ドッグフードの原材料名は“重量の割合の大きいものから記載する”など、ペットフード公正取引協議会によってルール(「ペットフードの表示に関する公正競争規約」)が設けられています。ちなみにこの規約では、ドッグフードの原材料名は、“分類名による表示も可能”とされているため、原材料名の表示順が栄養素の割合や質と直接関係するとは限らないので注意が必要です。
原材料の表示ルールについて詳しく知りたい場合は、以下の記事を参考にしてみてください。

ドッグフードの与え方は?押さえておきたい2つのポイント

散歩中のミックス犬
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

(1)1日に必要な食事量を計算する

愛犬の健康のためにも、ドッグフードは1日に必要な量を正しく与えなければなりません。食事量は体格や性別、活動量などによって異なり、代謝にも個体差があります。パッケージに記載された量は目安なので、ペットの体型の指標である「ボディ・コンディション・スコア(BCS)」も見ながら調整する必要があるでしょう。
愛犬に合った食事量をより正確に知るためには、安静時エネルギー要求量「RER」と、1日あたりのエネルギー要求量「DER」から計算する方法もあります。詳しい計算方法は以下の記事で紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

(2)食事回数の目安を知っておく

犬に適した食事回数の目安を、子犬期・成犬期・シニア期に分けて紹介します。どのステージでも、肥満には注意しながら食事管理を行いましょう。

子犬期

基本的に犬の1日の食事回数は、与えているドッグフードのパッケージやラベルに記載されているとおりで問題ありません。ただし、胃が小さい割にエネルギーを必要とする急成長期の子犬(小・中型犬は5~6カ月、大型犬は10カ月くらいまで)は、1日分を3~5回に分けて与えるとよいでしょう。
なお、成長期に必要な栄養素をしっかりとれるよう、子犬用のフードを使ってください。

成犬期

成犬になったら1日1~3回を目安にフードを与えてください。この時期の栄養管理が悪いと犬の健康状態に悪影響を及ぼすほか、老化を早めてしまうおそれがありますので注意しましょう。

シニア犬期

シニア犬の場合も食事回数は基本的に1日2~3回で問題ありません。ただし、年齢を重ねると代謝機能が衰えるため、肥満が気になる場合はシニア向けの太りにくいフードを検討するとよいでしょう。一方で消化機能も衰えるため、愛犬の食が細くなったと感じる場合は、1回に与える量を減らして1日の食事回数を増やしてみることをおすすめします。

体調や病気など、シニア期が最も個体差の出る時期です。そのため、定期的な健診・血液検査を行い、必要があれば療法食を与えましょう。
以下の記事では、ライフステージ別の食事の与え方について詳しく解説していますので、気になるかたはあわせてチェックしてみてください。

目分量はNG!ドッグフードを与えるときの注意点

ミニチュア・ダックスフンド
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

ドッグフードは目分量で与えない

先述のとおり、ドッグフードは適量与えることが大切です。そのため、目分量で与えているとカロリーオーバーにつながり、肥満や体調不良の原因となるおそれがあるので注意しましょう。

与えてはいけない危険な食材も知っておく

人が日常的に口にする食品のなかには、チョコレートや玉ねぎ、ぶどうなど、犬が食べると最悪の場合死に至る危険なものが数多くあります。そのため、犬にとって危険な食材を知っておくことも重要。
以下の記事では、犬に与えてはいけない食材について紹介していますので、ぜひ参考にしてください。
ドッグフードは愛犬に合ったものを選ぶことが大切です。そのためにも日々の健康観察はもちろん、動物病院で定期的に健康診断を受けるようにしましょう。
監修/岡田ゆう紀先生(Yuki Okada, DVM, PhD, DACVIM, Board Certified Veterinary Nutritionist®、アメリカ獣医内科学専門医(栄養科))
文/田山郁
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る